コロナウイルスで知ってほしいただ1つのこと

コロナウイルスで大事なことは正しい情報、知識を持つこと

コロナウイルスが社会的な問題になっていますが、何よりも問題なのが「間違った情報」や「間違った認識」によって、正しい情報が伝わっていないことにあります。

こういった大きな問題が起きると、どうしてもこういった情報錯誤は起きてしまいますが、その大きな原因は発信元が信用できるかどうかもわからないところの情報を鵜呑みにしてしまうことです。

今はTwitterやインターネット検索などを使うといくらでも無数の情報が出てきます。

その中で本当に正しい情報を発信しているのを判別する力がないにもかかわらず、無責任に拡散したりすることで多くの人に被害が出ている現状をご存知でしょうか。


コロナウイルスは感染する以外にも大きな被害が

直近で驚いたニュースは、とある飲食店のシェフがコロナウイルスに感染しているという情報がSNSで出回りキャンセルやクレームが相次いだが、実際のところ感染の事実は一切なかったという事件です。

どういう経緯でそんな情報が出回ったのかは不明ですが、実際の店舗への風評被害を考えると許されることではありません。

今となってはデマだったということがわかりますが、もしそのデマだったという情報を知らずに、コロナウイルスに感染したシェフがいるという段階で、情報が止まってしまっていたら、そこからずっと情報として広がり続けるかもしれません。

本当に恐ろしいことです。


冷静に正しい情報だけを入手することが重要

コロナウイルスは、死者も出ている恐ろしい病気であることに間違いはありません。

では皆さんはコロナウイルスについてどの程度知っていますか?

コロナウイルスは、現時点で飛沫感染と接触感染が原因として考えられていて、空気感染の可能性は起きていないと考えられていることをご存知でしょうか。

コロナウイルスは、手紙や荷物などの物品では長時間生き残ることができないとされているのをご存知でしょうか。

コロナウイルスは、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールでの消毒で感染を予防できることをご存知でしょうか。

マスクの着用は、混み合った屋内や乗り物など換気が不十分な場所では1つの感染予防策と考えられますが、屋外であれば相当混み合ってない限り予防効果はあまり認められていないのをご存知でしょうか。

トイレットペーパーやティッシュペーパーは一切不足していないことをご存知でしょうか。

いくつか例をあげてみましたが、知識としてご存知でしたでしょうか。

しっかりとした知識を持たず、過剰に反応して過剰に対策することは好ましくありません。

正しい知識を信用できる提供元から確保することが、コロナウイルスやこれから起こるであろう大きな問題のときには大事です。

上記の情報は、全て厚生労働省やWHOが提供している情報です。

こういった大きな問題は、国や正式な機関から情報を得るのが間違いないです。

近年は情報提供が遅いのが、大きな問題となったため、かなりのスピードで情報提供をしてくれます。

まずは国や正式な機関で情報を確認して、正しい対策が取れるように習慣づけるのがおすすめです。


まとめ

今回のコロナウイルスのような大きな問題というのは、これからも発生し続けるのは間違いありません。

今までは、情報過多の現代に慣れていないでもすんだかもしれません。

しかし、何度も何度も誤った情報に振り回されるのは、そろそろ辞めるべきです。

正しい情報を手に入れる方法を覚えて、気づかぬ内に誤った情報の発信者にならないよう気を付けていけたらいいなと思います。

厚生労働省が運営しているコロナウイルスのサイトを載せておきますので、よろしければ御一読いただければと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA