FXで勝率がすぐに上がるたった1つの考え方 初心者でもOK 簡単シンプル発想

trader
今回はFXをするにあたって、意識するだけで大きく勝てるたった1つの考え方について紹介します。
既に知っているよという方もいらっしゃるかと思いますが、まだご存知ない方は意識してチャートを見るだけで大きく勝率が変わると思いますので、ぜひ意識してみてください。

beginner
おおーー!そんな素晴らしいものがあるんですか?
早く教えてください!これで僕も勝ちトレーダーだ!!
trader
あくまで考え方の1つですよ。サポートアイテム的な物ですので、メインにはなり得ません。
その他の技術も必ず必要になってきますので、油断はしないように気をつけてくださいね。

それでは早速いきましょう。

意識するだけで勝率アップする考え方

FXをする上で色々重要なものはあると思います。
「手法」であったり、「メンタル」だったり重要なことは本当にたくさんあります。しかし、全てを取得するのはかなりの年月を要します。

今回は「誰でも」「簡単に」「今すぐ」取り入れることができる「勝率がアップする」考え方についてお伝えします。

それでは早速結論を申し上げます。

下位足より上位足が優先される

拍子抜けされた方もいらっしゃるかもしれません。ただ、この事実を常に意識してみることがとても大事です。

どういうことか詳しく説明すると、例えば普段皆さんが5分足を見てエントリーをしているとします。その5分足で綺麗なサポートラインを引くことができていて、そのラインの反発を狙ったエントリーをしたとき、まったくサポートラインに反応せずに突き抜けて損切りをした経験はありませんか?

そんなときにチャートを30分足にしてみると10pips先に30分足のサポートがあり、そこで綺麗に反発していた、なんてことはよくあります。

相場では、下位足より上位足の方が優先されることが多いです。5分より30分、30分より1時間、1時間より1日と時間足が大きければ大きいほど根拠としては強くなります。
水平線やチャネルライン、インジケーター各種も期間が長ければ長いほど優位性、根拠は強くなります。

以上のことから、「普段エントリーしている時間足を上位足のものに切り替えていただければ勝率は上がる」というお話です。

しかし、当然下位足と比べてエントリータイミングは少なくなります。エントリータイミングが多ければいいというわけではないのですが、その話は今は置いておいて、上位足だと水平線でもチャネルラインでも1ヶ月エントリーポイントがない、なんてこともザラにあります。そうなるとやはりエントリーしたいので、下位足でエントリーするようになってしまうんですね。

「根拠が弱くなるけどエントリー回数が多い下位足か、

 根拠が強くなるけどエントリー回数が少ない上位足か」

こういった悩みに悩まされることになります。

そこで私がオススメしたいのが、ロット調整になります。

オススメエントリー方法

下位足と上位足のジレンマについてお伝えさせていただきました。

これを踏まえた上で私が紹介したいのは、

「ロット調節型エントリー」

です。これは自然にできている方も多いかとは思いますが、できていない方が多いのも事実です。
具体的な例をあげると

根拠が下位足 → 資金の1%エントリー

根拠が上位足 → 資金の3%エントリー

※割合が重要

こういった手法になります。前述したように、下位足のメリットは「エントリー回数が多い」ことです。上足のメリットは「根拠が強い」ことです。このメリットを上手く活かして、

下位足は根拠が弱くなるがエントリー回数が多い

→ ロットを抑えて回数で資金を増やす

上位足は根拠が強くなるがエントリー回数が少ない

→ ロットを増やして資金を増やす

もちろん利確や損切りはそのつど行うとして、一定の手法やロットでいくのではなくて、その時の根拠の強さや状況に応じてトレードをしていくことが資金を増やすためには重要になってきます。

資金管理にも直結する重要なポイントですのでぜひ取り入れてみてください。

初心者の方向けに、この手法を使ったありがちなミスをまとめてみました。

資金に対する%が大きすぎる

(資金の5%とか10%は大きすぎます、初心者の方は1〜3%に抑えるのがオススメです)

エントリーポイントを引きつけきれない

(上位足で起こりやすい現象ですが、なかなかエントリーできず、自分が決めたエントリーポイントにきていないのに、近づいた段階で焦ってエントリーしてしまう方が多いです。大事なのはエントリーすることではなくて勝つこと。この基本を忘れないようにしましょう

まとめ

trader
いざ聞いてみると拍子抜けの内容だったかもしれません。しかし、この下位足と上位足の関係性や優位性の違い、常に下位足、上位足を意識したエントリーができている方は少ないと思います。

シンプルが故に疎かになりやすいので、しっかりと忘れずに取り組むようにするとよいでしょう。

注意点も初心者の方がやりがちなので、早く成長したい方は同じミスをしないように意識して取り組んで見てください。

アドセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です