【1/14】完全先出し!チャンスなエントリーポイント集【デイ・スイング/FX】

記事の概要

ご覧いただきありがとうございます。この記事では、個人的見解で期待値の高いライントレードのエントリーポイントを、書き残していきたいと思います。

主に

  • 優位性のあるポイント
  • 利確/損切り予定ポイント
  • エントリーポイントのシナリオ

この点をわかりやすくシンプルに記載していきます。
個人的な備忘録も兼ねていますので、ご了承ください。

記事をご覧いただくにあたって、注意事項がいくつかございます。大変お手数ですが、御一読くださいますようお願いいたします。
また、ご質問やご意見は受け付けておりませんのでご了承ください。
注意事項は こちら 

USD/JPY

日足チャート

シナリオ

優位性:★★★☆☆
目線 :ロング
買い時:109.700ライン
利確 :110.000 or チャネル上限
損切 :サポレジ転換確認 or 急落

累計利確pips:0pips
累計損切pips:15pips

詳細解説

チャネル転換気配があったため損切りしました。
結果的には-15pipsでした。

その後上昇し続け、以前の予想通り110円を超える展開になりました。
こうなってくるとしばらくは上目線でいきたいところです。

以前からラインを引いている109.700がサポレジ転換してくれれば、買いでエントリーしやすいです。

当面の目線は買い、エントリーポイントは109.700ラインで行きたいと思います。
否定パターンとしては急落です。
日足でみると107円からほぼノンストップで110円まで上昇していますので、調整が入ってもおかしくないです。
急落で109.700を割るようであれば、おとなしく様子見をしたいと思います。

30分足チャート

シナリオ

優位性:
目線 :ロング
買い時:
利確 :
損切 :

累計利確pips:20pips
累計損切pips:0pips

詳細解説

買いのタイミングが日足とまったく同じのため、デイ目線でのエントリーはありません。

また新しい根拠がでてくればエントリーを考えたいと思います。

GBP/JPY

日足チャート

シナリオ

優位性:★★★★☆
目線 :ロング
買い時:140.650ライン
利確 :142.800
損切 :サポレジ転換確認

累計利確pips:0pips
累計損切pips:0pips

詳細解説

こちらは見立てに大きな変更はありません。
下がったら買いたい局面です。

今週に入っても大きな動きは見れません。
動きがだいぶ収縮していますので、今週中もエントリーポイントはないかもしれません。

ポンドは無理にエントリーする通貨ではないので、優位性が高いとこだけエントリーしたいと思います。

30分足チャート

シナリオ

優位性:★★☆☆☆
目線 :ロング
買い時:142.429ライン
利確 :40pips
損切 :20pips

累計利確pips:40pips
累計損切pips:0pips

詳細解説

143.461のラインと142.429ラインの間で相場が動いています。

優位性は買いが高いので、下がったら買うを繰り返したいと思います。
142.429のラインを抜けてしまうと、次のサポートが遠いので、損切りはしっかりしたいと思います。

EUR/JPY

日足チャート

エントリーポイント

優位性:★★☆☆☆
目線 :ロング
売り時:
利確 :
損切 :

累計利確pips:0pips
累計損切pips:0pips

詳細解説

週明けから大きく動いて、チャネルを上抜けました。
クロス円全体が強い上昇を見せていて、方向感が上になっています。

日足の大きなサポートも一瞬上抜けましたが、反発して下落している状態です。
基本的には下がったら売りたい局面ですが、明確なラインがないためとりあえず様子見です。

もし仮に、ラインが出てきた場合は、優位性の高いロングでエントリーしたいと思います。

30分足チャート

シナリオ

優位性:★★★☆☆
目線 :ロング
買い時:
利確 :
損切 :

累計利確pips:30pips
累計損切pips:0pips

詳細解説

中期目線でもやはりロング目線です。

大きな上髭の122.310にラインが引けそうですが、まだ明確ではないためとりあえず様子見です。

ロングの優位性が高めなので、監視中に急落した場合はロングで細かいpipsを回収できそうです。

あとがき

最後まで閲覧ありがとうございました。

クロス円全体でロングが強い傾向です。

あっさりとラインも割ってきているので、ショートは控えたいですね。
今月は監視通貨全体を通してあまりエントリーポイントが発生しません。

こんな月もあるかなと思いながら過ごしていますが、しっかりとラインを引く習慣は欠かさずこなしたいと思います。

アドセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です