【12/16】完全先出し!チャンスなエントリーポイント集【デイ・スイング/FX】

記事の概要

ご覧いただきありがとうございます。この記事では、個人的見解で期待値の高いライントレードのエントリーポイントを、書き残していきたいと思います。

主に

  • 優位性のあるポイント
  • 利確/損切り予定ポイント
  • エントリーポイントのシナリオ

この点をわかりやすくシンプルに記載していきます。
個人的な備忘録も兼ねていますので、ご了承ください。

記事をご覧いただくにあたって、注意事項がいくつかございます。大変お手数ですが、御一読くださいますようお願いいたします。
また、ご質問やご意見は受け付けておりませんのでご了承ください。
注意事項は こちら 

USD/JPY

30分足チャート

日足チャート

デイ

優位性:★★★☆☆
目線 :ショート
売り時:109.700レジスタンスライン or チャネル上限
利確 :109.200ライン
損切 :サポレジ転換確認

スイング

優位性:★★☆☆☆
目線 :ショート
売り時:109.700レジスタンスライン
利確 :108.440サポートライン
損切 :サポレジ転換確認

詳細解説

大前提に年末年始は展開が読みにくいですので、損切ラインは全体的にタイトに設定します。ストップロスを設定しておくのが無難かと思います。

大きい目線で言えば下降チャネルの中で、上限にタッチして下降している展開になります。
週足の200EMAも上にあるところから、買いのリスクリワードより売りのリスクワードが良いという判断です。
長い期間108.440のラインに支えられているので、利確はそのラインを意識して設定します。しかし、このラインで持つとスイング気味になりそうなので、レジスタンスとして機能していた109.000円のキリ番を意識した利確が無難になりそうです。

わかりやすい2本の線で挟まれている相場になりますので、天井と底をとるように意識すれば、優位性は高めです。

GBP/JPY

30分足チャート

日足チャート

デイ

優位性:★★☆☆☆
目線 :ロング
買い時:145.600サポートライン
利確 :148.000
損切 :ライン割ったらすぐ

スイング

優位性:★☆☆☆☆
目線 :ショート
売り時:チャネル上限 or 149.487レジスタンスライン
利確 :143.757サポートライン
損切 :ライン抜けたらすぐ

詳細解説

大局で見ると、下げ続けて、底を形成して、上がり続けるという極端な相場でした。今はちょうど下げた分を上げ切った状態になります。
このままの勢いで上がり続けるのか、上がり続けた調整で下がるのかをテンビンにかけると、長い目線で見ればショートに期待値があるかなと思います。

わかりやすかった相場から、一転どちらに進むか迷っている相場になりました。こういうときに意識するのは、方向感を当てるのではなく、リスクリワードを徹底して損切をタイトに行うことです。
淡い期待は全て捨てて、シビアに損切をするべきでしょう。根拠が覆るまでは一定方向で入り続けて細かく損切します。

年末年始のことを考えると、長い目線でのポジション保有は避けるのが無難かもしれません。

EUR/JPY

30分足チャート

日足チャート

デイ

優位性:★★★★☆
目線 :ロング
買い時:121.488サポートライン
利確 :122.000キリ番
損切 :サポレジ転換確認

スイング

優位性:★★★★☆
目線 :ショート
売り時:チャネル上限
利確 :チャネル中心線
損切 :チャネル上限明確に上抜け

詳細解説

直近で急騰と急落をしました。短期目線は121.488のサポートラインに戻ってきた際に買いで入るのが優位性高めです。チャネル上限の下に利確ポイントを設定しておくとよいでしょう。
長期目線はチャネルがかなり意識されている相場ですので、チャネルに従って売っていくのが優位性ありです。
直近で触れましたが、もう一度触れた場合も売れる局面です。

懸念点は200EMAの位置です。今までは200EMAの下に滞在していましたが、今は上にいる状態です。これがEMAの下でいた場合は優位性MAXだったので少し残念です。

あとがき

最後まで閲覧ありがとうございました。

年末に入りトレードは難しくなります。とはいってもテクニカル的根拠が覆る訳ではありません。損切をタイトにおいて柔軟に対応できるようにすれば、全然戦える相場ですので、私も頑張っていきたいと思います。

アドセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA