【最短FX教科書】FXで勝つためのステップ解説!初心者から卒業するために必要なこと〜手法検証編 第8-2章

trader
FXって言葉は聞いたことがあるけど、難しくて敷居が高そう…
ただ余剰資金で副業として試してみたい…

こんなFXを始めたい、または始めてみたけどよくわからない方向けに、FXをわかりやすく解説していきたいと思います。

注意事項

このサイトを見れば全てが完結するようなものを目指して運営していきたいと思います。

小難しい説明や知らなくても大丈夫なものはできるだけ削ぎ落としていきます。

最短でFXをできるようになりたい方向けのサイトになります。

まず最初に簡潔にまとめた部分を記載しています。下は補足部分になりますので、簡潔部分で物足りない方は補足部分も閲覧いただければ幸いです。


第8-2章 初心者から卒業するために

この章では、ただFXをするだけではなく「効率よく初心者を卒業するための方法」について解説していきたいと思います。

今までの章でも注意点はいくつか説明しましたが、実際にFXを始めた方がどのように取り組むべきかについて詳しく解説していきますので、FXを始めたての方は是非参考にしてみてください。

それでは始めます!


STEP②手法を検証する

FXで勝つためには、勝てる手法を探す必要はありません。
というより手法で勝率は大きく変わりません。

STEP①でもお話ししているように、勝てる手法を探し続けてしまう方がいますが、勝てる手法というのは存在しません。
「理論がしっかりしている手法」を、「自分の力で勝てる手法にすることが重要」です。

色々な手法を使ってみるのも経験値を積むという意味ではいいと思いますが、早く勝ちトレーダーになるには、素早く手法を固定して検証するとよいでしょう。

では具体的に検証はどのようにするとよいのか紹介します。


◎おすすめ検証方法◎

①練習ソフトを使う

→FXでは、多くの練習ソフトがあります。実績が高く人気がある練習ソフトを購入し、ひたすら練習することで上達が早まります。
普通にMT4で検証をすると、答えが見えてしまいますので検証が難しいです。
練習ソフトだとリアルな相場を経験できるので、練習ソフトの方がよいでしょう。

②多くの時間軸を見る

→FXでは「マルチタイムフレーム」という言葉があります。
簡単に言えば、5分足や30分足、日足など色々な時間軸でチャートは表示することができます。
その1つの時間軸で起きたことは他の時間軸でも起きる、というものです。

つまり、多くの時間軸で検証することでより多くの経験値を得ることができると同時に、時間軸の優位性を学ぶことができます。

③記録を残す

FXではひたすらエントリーをして経験することが大事です。
しかし、ただエントリーをして終わりでは意味がありません。

紙でもソフトでもアプリでもなんでもいいので、エントリーをしたときのチャート、根拠とシナリオを必ず記録するようにしてください。
根拠はとにかく明確に、シナリオは利確ポイントから損切りポイントまで明確にしてください。

見直すことで自分の成長を感じることもできますし、検証をやりやすくなるのでおすすめです。


誰でも最初は負けるものです。
それは当然で、素人がいきなり勝てるような世界はどこにもありません。

大事なことは無駄な負けを作らないことです。
そのためにも「検証」というのはとても大事で、そして「どのように検証するのか」もとても大事です。

最初は苦しい時間だと思いますが、FXで勝ち続けるためには、「その手法ででてくる無数のパターンを経験」し振り返ることで、「勝ちやすいパターン」や「負けやすいパターン」、「対応方法」を学ぶことが大事です。

その積み重ねが「手法」「勝てる手法」にしてくれます。

過去チャートで検証したり、リアルタイムのチャートで実際に試してひたすら手法を検証しましょう。
それが勝ちトレーダーへの一番の近道となりますよ。


検証するときの1番の注意点

検証をする際に、練習ソフトを使ったり、過去チャートやリアルタイムのチャートを使ってしますが、このときにふつうは実際に自分の資金を使う必要はありません。
実際にエントリーした設定にできますし、デモ口座で検証することもできます。

もちろん自分の資金を無理に使う必要はないのですが、よくある事として自分の資金を使わないと、エントリーがおざなりになってしまう場合があります。
その結果デモ口座では勝てていたけど、メイン口座にしたら勝てなくなったという話をよく聞きます。

これに関して、もちろん手法がたまたま当てはまらなくなっている可能性もありますが、自分の資金を使わないので普段のエントリーがおざなりになっていたり、自分の資金を使うことでメンタルに影響がでて、いつも通りのエントリーができていない可能性が高いです。

筆者としては、少額でもいいので自分の資金を使いエントリーすることで、リアルなメンタルや資金管理を経験できるので、成長がかなり早まると考えていますので、もしよろしければ試してみてください。



アドセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA