【最短FX教科書】初心者の方がFXで自分に合った会社を選ぶ方法!パターン別におすすめを解説 第5章

trader
FXって言葉は聞いたことがあるけど、難しくて敷居が高そう…
ただ余剰資金で副業として試してみたい…

こんなFXを始めたい、または始めてみたけどよくわからない方向けに、FXをわかりやすく解説していきたいと思います。

注意事項

このサイトを見れば全てが完結するようなものを目指して運営していきたいと思います。

小難しい説明や知らなくても大丈夫なものはできるだけ削ぎ落としていきます。

最短でFXをできるようになりたい方向けのサイトになります。

まず最初に簡潔にまとめた部分を記載しています。下は補足部分になりますので、簡潔部分で物足りない方は補足部分も閲覧いただければ幸いです。

第5章 口座を開設する

この章からは、いよいよFXを開始するための準備をしていきます。

FXを始めるには、FX会社で口座を開設しなければいけません。
そしてFX会社はたくさんの種類があり、それぞれに特徴があります。
国内会社だけでも多くあるのに、国外にもFX会社がありますので、初心者の方にとって適切なものを選ぶのは至難の技だと思います。

FX会社の特徴には

・レバレッジの大小
・スプレッドの大小
・ゼロカットシステムの有無
・安全性

簡単にあげただけでもこれだけのものがあります。
この特徴を踏まえた上で、初心者の方がどの会社で口座を開設するべきなのか徹底開設しますので、是非最後まで読んでみてください。

国内FX口座と海外FX口座の違い

まず初心者の皆さんは、国内FX口座と海外FX口座の違いがハッキリしないと思います。
単純なイメージで言うと、

・国内が安全で海外は危険

・日本は保証があるけど海外だと保証が受けられなさそう

・海外だと日本語のサービスがなさそう

こんなふうに海外口座に対するネガティブ意識が多少なりでてくる方が多いはずです。

口座開設はFXにおける最初の大仕事で、けしておろそかにしてはいけない部分です。
イメージだけで決めるのではなく、しっかり自分に合ったFX会社を選べるように、まず知識を深めていきましょう。

①レバレッジの違い

まず1つ目はレバレッジの違いです。

レバレッジの違い

・国内FX会社 → 25倍

・海外FX会社 → 〜1000倍

大きな違いがありますね。
これは国内FX会社だと金融庁のレバレッジ規制がありますので、25倍に制限されているのに対し、海外FX会社は金融庁管轄外になるため、レバレッジの制限がなく500倍や1000倍といったハイレバレッジが可能になっています。

海外FX会社の最大のメリットはこのハイレバレッジと言えるでしょう。
レバレッジはFXをする上で、非常に重要でしっかりと把握しておく必要があります。

レバレッジとは

レバレッジとは簡単に説明すると、

「自分の投資資金以上の額で取引ができる仕組み」

です。

FXが少額で始めることができたり、大きな利益を出すことができているのもこのレバレッジという仕組みのおかげです。

具体例を出すと、FXとは100円で買った通貨を100円以上で売ることで利益を出します。

100円買い注文 → 110円で決済 = 10円の利益

こんな形で利益を出します。
この時にレバレッジが効いていると、その分利益を増やすことができます。

国内口座の25倍であれば、10円の利益だったものが25倍の250円になります。
海外口座の1000倍であれば、10円の利益が10000円になります。

これがレバレッジです。当然逆もしかりです。

100円買い注文 → 90円で決済 = 10円の損失

レバレッジ25倍 → 10円の損失が25倍の250円
レバレッジ1000倍 → 10円の損失が1000倍の10000円

となります。
メリットとリスクがハッキリしているのがレバレッジです。

大きな利益を出せるのは海外FX会社、大きな損失を出すのも海外FX会社

常に安定して取引ができるのが国内FX会社

となっています。

スプレッドの違い

これは必ず国内、海外で違うと言うわけではなく、そういった傾向が強いという前提があります。

スプレッドの違い

・国内FX会社 → 原則固定スプレッド多め

・海外FX会社 → 変動制スプレッド多め

これもFXをしていく上で非常に重要で、国内FX会社は原則固定スプレッドの会社が多く、海外FX会社は変動制スプレッドが多いです。

原則固定スプレッドだと、スプレッドが固定されているのでスプレッドに左右されることなく安定感を持ってトレードを行うことができます。

変動制スプレッドだと、スプレッドが小さくなったり大きくなったりするので、有利になる場面と不利なる場面がハッキリしています。

スプレッドはレートが急激に変化したり、取引量が減少するとスプレッドが広がりやすいです。
とはいえ、そもそもそういう局面ではあまりトレードすべきではないと考えているので大きな問題ではありませんが…。

スプレッドとは
スプレッドとは簡単に説明すると

「売値と買値の差」

になります。
なかなか感覚的に馴染みがないかもしれませんが、FXでは1つの通貨ペアで売値と買値の価格が違います。

例えば USD/JPYでチャートの価格が100円だった時に

売り注文時 → 99円

買い注文時 → 101円

となります。この上下1円の差がスプレッドになります。
ようは買う時にも売る時にも、少し不利な状態からスタートするのがFXになります。
スプレッドが広いということは、より不利な状態からスタートして、スプレッドが狭いとほとんど不利にならずにトレードをすることができます。

結論スプレッドというのは取引手数料のようなものです。小さければ小さいに越したことはないということです。

ゼロカットシステム

海外FX会社だけ導入されているシステムです。
これがあるとないとでトレードに対するメンタルがかなり大きく違ってきます。

◎ゼロカットシステム

国内 → 追証あり

海外 → ゼロカットシステムあり

FXを行っていく上で、皆さんに絶対知っておいて欲しいのは、ゼロカットシステムが導入されていない国内FX会社でFXをする場合、損失が口座残高を超えた場合借金となります。

通常FXでは、口座残高がマイナスにならないようにロスカットと呼ばれるものが導入されています。
これは証拠金維持率が20%きった場合に、自動で取引を決済してくれるシステムなのですが、重要な経済指標や要人発言、災害などで相場が急変動したときには、ロスカットが発動しない場合があります。

ロスカットが発動できなかった場合は、そのまま口座残高がマイナスになってしまいます。

これが「追証」であり、「追証」=「借金」となります。

ゼロカットシステムは、この「追証」をゼロにしてくれるシステムです

海外FX会社を選ぶ上でとても大きなメリットになるシステムです。
海外FX会社を選ぶ方は、これが決め手となっている方も多く、手法によっては必須のシステムになります

安全性

安全性に関しては、国内FX会社と海外FX会社で大きな差はありません。

投資家保護のために、「信託保全」「一部信託保全」「分割管理」などの制度がありません。
国内FX会社は「信託保全」になっており、海外FX会社は「一部信託保全」などが多いです。

これは簡単に言うと、FX会社が倒産したときに皆さんの証拠金がどの程度保証されているか、ということになります。

投資は自己責任ですが、保証があるに越したことはないです。

しかし、国内FX会社であっても、海外FX会社であっても重要なのは、「人気があるかどうか」です。
取引量が多ければ倒産のリスクも減りますし、安全性も増します。

逆に知名度が低く、ユーザーも少なければ当然倒産のリスクも増えます。

もしFX会社を選ぶ際に少しでも安心できる会社を選びたい場合は

・母体会社が大きい

・取引量が多い(ユーザーが多い)

・人気の会社である

こういった点に注目して選ぶのが、結果的に良いのかと思います。

実際何が起こるかはわかりませんので、リスク管理は徹底して

・必要以上の証拠金は入金しない

・こまめに利益を出金する

等の対策をしていくのもいいかもしれません。

口座開設手引き

FXを始める上で重要な要素であるFX会社選びですが、今回はその選ぶ際の注意点やポイントを紹介させていただきました。

トレードスタイルやこだわる点ごとに、優先度をまとめますのでぜひ参考にしてみてください。

トレードスタイル別

デイ・スイングトレード

⒈ゼロカットシステム

⒉レバレッジ

⒊通貨ペア量

【解説】

①デイ・スイングトレードでは、大きなpipsを取りに行くことが多いです。
その場合獲得pipsが大きい反面、損失も大きくなる可能性も高くなります。
不足の事態で大きく損を抱えてしまった場合に、ゼロカットシステムがあれば追証がないので、メンタル的に安定してトレードができます。

②取引回数が多いトレードスタイルではないためレバレッジが大きくないと利益を出すことが難しいです。リスクも増えてしまいますが、大きく利益を出したい方はレバレッジに注目して口座を選ぶとよいでしょう。

③デイ・スイングトレードは通貨ペアによっては、1週間トレードタイミングがこないことも頻繁にあります。そうしたときに取引できる通貨ペアが多いと、トレードタイミングも増えます。
初心者の方には多くの通貨ペアを監視することはオススメしませんが、最終的には多いと有利な点が増えるため、口座選びの際には通貨ペアが多いものがよいでしょう。

スキャルピング

⒈スキャルピングが認められているか

⒉スプレッドの大小

⒊レバレッジの大小

【解説】

①特に国内FX会社に多いですが、スキャルピングが認められていないFX会社があります。
スキャルピングをトレードスタイルとして考えている方は、必ずスキャルピングに対応している会社かを確認して口座解説をしましょう。

②スキャルピングはトレード機会が非常に多く、トレード回数で利益を伸ばしていくトレードスタイルです。
トレード回数が多いということは、手数料のようなものであるスプレッドは小さければ小さいほど有利です。
必ずスプレッドが小さい会社を選ぶようにしましょう。

③一度に獲得できるpipsは多くありません。どうしても短期間で資産を増やしたい方は、レバレッジが大きい会社を選ぶと少ないpips数でも大きな利益を出すことができます。同時にリスクも大きくなりますので注意してください。

こだわり別

安全性重視

⒈信託保全

⒉取引量が多い(ユーザーが多い)

⒊ゼロカットシステムの有無

①信託保全であれば、FX会社に問題が発生しても投資家の資金は保証されます。
自分の資金を安全に保つためにも、安全性を重視にされるかたは信託保全が無難でしょう。

②取引量が多い、ユーザーが多いと必然的にFX会社が倒産する可能性は低くなります。
さらにユーザーが多いのは、基本的にそのFX会社が使用するメリットが高いからです。わざわざ不安の多い会社を選ぶ方も少ないですからね。
そういった点から、取引量やユーザーが多いFX会社を選ぶと安全性が増すと言えます。

③ゼロカットシステムは追証をなくしてくれます。
借金を背負うことがないので、安心して取引をすることができますよね。
ストレスを減らしてトレードをされたい方には必須です。

利益重視

⒈レバレッジの大小

⒉ゼロカットシステムの有無

⒊取引通貨ペア量

①レバレッジが大きければ大きいほど、一度に大きな利益を出すことができます。リスクも増えてしまいますが、少額でもある程度の利益を出すことができるので、利益重視の方はレバレッジを重視するとよいでしょう。

②レバレッジが大きくなると、比例してリスクも大きくなります。
そのリスクを抑えてくれるのがゼロカットシステムです。損失が大きくなってしまっても借金にはならないため、ハイレバレッジで勝負することができます。
よく聞く10万チャレンジなどはこのシステムを上手に活用していることが多いです。

③取引通貨ペアが多ければ多いほどトレード機会は増えます。
チャンスが多くなるため、必然的に利益を出しやすくなります。
しかし複数通貨ペアを監視するには、トレードスキルが必要になりますので、ある程度FXに慣れた方にオススメです。

資金別

投資資金が多い(100万〜)

⒈取引通貨ペア量

⒉安全性

①投資資金が多い方は、スイングトレード等の大きなローソク足を根拠としたトレードが安定感があるのでおすすめです。
しかし、日足や週足を根拠とするとどうしてもトレード回数が少なくなってしまいます。
その対策として監視する通貨ペアを増やすことが一番合理的なので、取引可能な通貨ペアが多い会社がよいでしょう。

②多額の投資資金を預けることになりますので、その資金がちゃんと保護されている必要があります。
信託保全等、もし何かFX会社にあってもしっかり資産が保護されるFXがいしゃを選ぶようにしましょう。

投資資金が少額

⒈レバレッジの大小

⒉ゼロカットシステムの有無

①少額資金でも、しっかり資金を増やすためにはレバレッジをかける必要があります。レバレッジが大きいからといって毎回大きな勝負をしなければいけないわけではなく、ロットでいくらでも調整できます。
しかし大きな勝負をしたいときに少額だと、張れるロットに限界があるためレバレッジが大きいところにしておくことをおすすめします。

②資金が少額の場合、ロスカットになる確率も必然的に高くなります。
1万の資金で3万負けてしまうと、通常2万の借金となってしまいますが、ゼロカットシステムがあれば1万の資金がなくなるだけですみます。
少額でFXをする方には心強い味方ですので、ゼロカットシステムがある会社がいいでしょう。

まとめ

この章では、これからFXをする上で重要な基盤となるFX口座開設についてご紹介しました。

初心者の方に特に注意してみていただきたい点や、自分にはどんな特徴を持ったFX会社が合うのかの参考になれば幸いです。

FXにおいて重要な要素にメンタルがあります。
メンタルが安定していない状態でのトレードは、どうしても負けやすくなってしまいます。
余計なストレスを抱える必要がないように、ただただ口座を開設するだけではなく、自分にあったFX会社をしっかりと選ぶことをおすすめします。


第0章基礎知識編はコチラ

第1章トレードスタイル編はコチラ

第2章スキャルピング編はコチラ

第3章デイトレード編はコチラ

第4章スイングトレード編はコチラ

第5章口座開設編はコチラ

第6章初心者向け知識集はコチラ

第7章高勝率、安定感重視手法解説はコチラ


最後まで閲覧ありがとうございました。

本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。

アドセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です