FX初心者にまず決めて欲しいトーレドスタイルについて【FX教科書本/1章】

trader
FXって言葉は聞いたことがあるけど、難しくて敷居が高そう…
ただ余剰資金で副業として試してみたい…

こんなFXを始めたい、または始めてみたけどよくわからない方向けに、FXをわかりやすく解説していきたいと思います。

注意事項

このサイトを見れば全てが完結するようなものを目指して運営していきたいと思います。

小難しい説明や知らなくても大丈夫なものはできるだけ削ぎ落としていきます。

最短でFXをできるようになりたい方向けのサイトになります。

まず最初に簡潔にまとめた部分を記載しています。下は補足部分になりますので、簡潔部分で物足りない方は補足部分も閲覧いただければ幸いです。


第1章 トレードスタイルを決める

①トレードスタイルとは

早速本題にはなりますが、FXで最も重要なことは

自分に合ったトレードスタイルの確立

です。FXは基本的に平日24時間いつでもトレードできます。この自由さがFXの大きな優位性になるのですが、この優位性を生かすことができていない方が、FX初心者には多くいます。

これはほとんどの方が通る道で、「早く利益を出したい」「どんどんエントリーして経験を積みたい」という心理からどんどんトレードをしてしまいがちです
しかし、無意味にエントリーを重ねても利益は生まれませんし、経験を積むこともできません。根拠のあるエントリーをしなければ成長には繋がらず、初心者トレーダーを卒業できません。

トレードにおいて、重要なのは

自分にとって有利な場所で戦うこと

です。プロ野球選手がサッカーで勝負するより、野球で勝負したほうが勝率が高いのは当然ですよね。自分の得意分野があるのに、わざわざ相手の得意分野で勝負するような方はいないと思います。
すなわちFX初心者の皆さんは自分の得意分野、自分の土俵を作りあげることに注力しなければいけません。

そのためには一貫したトレードが重要です。第0章でも解説したように、通貨にはそれぞれの特徴が多くあります。時間帯や値動き、影響する指標など様々な要因が絡まり合ってチャートを作り上げています。

初心者トレードの方がこれらの全てを網羅してトレードすることは、ほぼ間違いなく不可能でしょう。
ずっと夜トレードしていた方が、急に朝トレードすれば値動きの違いに惑わされるでしょうし、トレードを1週間単位で考えている人が、急に数分の勝負をすると考え方の違いに対応できないでしょう。

FX初心者の方や今から始める方が、最短で効率よくFXで成長するコツは


トレードする時間帯

トレードする通貨

目標利益と到達期間


これらを決めてFXに取り組んで「自分の土俵」を作りあげてください。
これが実際に色々な経験を積んだ私がおすすめするFX上達方法の1つです。

とは言ってもどのようにするか最初はわからないと思いますので、これからおすすめの決め方や、どんなスタイルがあるのか解説していきたいと思います。


小まとめ
FXには色々なトレードスタイルがある

FXは自分の土俵を作る事が重要

土俵上だけで戦うようにする


②トレードする時間帯を決める

これからFXを始める方の多くは「今仕事をしていて、空いてる時間で副業で投資をしたい」といった「兼業トレーダー」の方ではないでしょうか。

私も「兼業トレーダー」でメインに仕事をいくつか抱えつつ空いてる時間に投資をしています。とは言ってもほぼ専業に近いですが…。

実際、「専業トレーダー」より「兼業トレーダー」のほうがよい場面が多いです。
FXではメンタル管理が非常に重要で、兼業トレーダーだと「別の収入源」があるので気持ちに余裕ができます。別の収入源がないと、勝ち負けが直接収入に繋がるので、経験の少ないトレーダーだと冷静な判断ができなくなってしまいます。

以上のことから「安定した収入」を持つことで、余裕のあるエントリー、利確損切りができますので、筆者は「兼業トレーダー」を推奨しています。

そんな兼業トレーダーの方は、メインの仕事があるのでいつでもトレードできるわけではありません。夕方に仕事が終わる方もいれば、朝まで仕事の方もいらっしゃると思います。
筆者もそうでしたが、FX始めたての頃は「エントリー数=経験値」と考えていて、エントリーできない時間がもどかしくて焦ったりしていました。

しかし、まったくそんな心配をする必要はありません。
FXにおける最大の優位性は、自分の好きな時間、自分の好きなタイミングで参加できて、チャンスが無限にあることなんです。

上級者トレーダーの方には、「チャートを見る時間は少なければ少ないほうが良い」という方も多くいらっしゃいます。
筆者もこちら側の考えで、「トレードは人生を楽しくするための補助ツール」と考えています。
実際にFXを始める動機はこのような方が多いのではないでしょうか。

以上を踏まえて本題に入りますが、自分のトレード時間帯をどのように決めるかのポイントをお伝えします。


無理のない時間帯を選ぶ

時間帯を固定する


これらを決めることがとても重要になります。
たったこれだけのことですが、ちゃんと決めている人と決めれていない人では成長速度に大きく差がでると考えています。

早速具体的にどうするか説明します。

無理のない時間帯を選ぶ

兼業トレーダーの方限定ですが、

私生活に無理のない時間帯

を選んでください。
メインの仕事に影響がでるほど徹夜をしてしまったり、無理に朝早く起きてしまったり、遊びなどをキャンセルしてトレードをしたり、少しでもストレスを感じるような時間帯を選んだり、行動をするのはやめたほうがいいです。

仕事が終わってまったりできる時間帯をトレードにあてたり、休日の余裕があるときにやったり、とにかく心に余裕がある時間帯を選ぶようにしましょう。
焦ったトレードは何も得られませんし、勝率も安定しません。

まずは余裕のある時間を選んでトレードをしましょう!

時間帯を固定する

FXは24時間いつでもトレードできます。

初心者の方は、24時間トレードできるが故にいろんな時間帯でトレードをしがちです。

実はこれがよくありません。通貨ペアはそれぞれが時間帯でいろいろな特徴があります。
ドル円であれば、22時から活発に動いて、日中はほとんど動きがないという特徴があります。この動きがないときに大きな値幅を取りに行ったり、活発に動く時間帯に大きなロットを張ってしまうと、なかなか勝つことは難しいです。

上級者の方はそういった時間帯の特徴を掴んだ上で、トレードルールを決めていますが、初心者トレーダーの方はまず時間を固定して、その時間帯の特徴をしっかり練習して覚えてトレードするとよいでしょう。


小まとめ
私生活に問題がない時間にトレードする

トレードする時間帯は固定して、特徴を覚える

FXにおいてメンタルに影響するものは排除する


③トレードする通貨を決める

FXでは多くの通貨ペアを選んでトレードをすることができます。
これはFXのとても良い点で、選択肢が多いということはそれだけチャンスも増えますし、利益も生みやすいです。

FX会社は取引できる通貨ペアが多いとこを選ぶべきだと思いますし、その多いという点を大いに生かしている上級者トレーダーの方は多いです。

初心者トレーダーの方もゆくゆくは得意な通貨ペアを増やして、チャンスを増やして堅実なエントリーをしていくのが理想なのは間違いありません。
しかし、初心者のうちは多くに手を出すことは避けたほうが無難でしょう。

通貨ペアにはそれぞれ多くの特徴があります。影響を受ける経済指標も違いますし、値動きが多い時間帯も違います。水平線が効く通貨ペアもあれば、チャネルラインが有効な通貨ペアもあります。
さらにはロット計算も難しくなりますし、相関関係も考えなければいけません。
なにより多くの通貨ペアを抱えているとメンタルへの負担が大きいです。

FXを始めたての頃にはこんなに多くのことを考えながらトレードすることは難しいです。
そこで初心者の方には、取引する通貨ペアを固定してしまうことをおすすめします。まずは少ない通貨ペアで特徴をしっかり掴み、勝率が安定してきたら少しずつ扱う通貨ペアを増やすとよいでしょう。

最初はせいぜい2~3個で、値動きが安定した通貨ペアがおすすめです。


筆者おすすめ通貨ペア

USD/JPY

EUR/JPY

EUR/USD

AUD/JPY

AUD/USD

NZD/JPY


この中からチョイスするとよいと思います。

USD/JPYはド定番ですので、とりあえず入れておくとよいでしょう。

逆に初心者の方に触れてほしくないのがポンド系です。GBPが関わっている通貨ペアは避けたほうがよいでしょう。値動きが激しく非常に難しい通貨です。
あっという間に資産を溶かされてしまいますので、おすすめしません。


小まとめ
通貨ペアは固定する

固定する通貨ペアは2~3個

USD/JPYは定番のおすすめ通貨

GBP(ポンド)系通貨は触れない方が吉


④目標利益と到達期間を決める

ここの項目は今回一番伝えたいことになります。

FXで最も重要なことは、目標を定めることです。ただ漠然とトレードするのではなく、目標を決めて取り組むことが大事です。
これはFXだけではなくて、あらゆることでそうだと思います。

ただ闇雲に頑張るのではなく、しっかりと目標を決めた方が頑張り方にも工夫ができますし、成長もそれだけ早いです。

しかし、初心者FXトレーダーで目標設定がちゃんとできている方は非常に少ないです。

よくある目標で「専業トレーダーになる」「億トレーダーになる」という目標を掲げている方がいらっしゃいますが、この目標設定はあまりおすすめできません。

漠然としすぎていて、とてもこの目標で頑張ることはできないと思います。
もっと現実的で建設的な目標を立てることをおススメします。

まず目標の立て方としては


具体性がある

②達成できる


これらが非常に重要です。
漠然とした目標ではなく、「〇〇万円利益を出す」とか「トレードをした記録をとる」など具体的な目標を定めると、道筋を立てて努力できるのでお勧めです。

さらに目標は達成できるものでないといけません。資産が10万しかないのに、「1年で億トレーダーになる」なんて目標を立てても、ギャンブル的なトレードをしてしまい、まったくためになりません。

現実的でない目標だと努力をすることすら難しくなってしまうので、頑張れば達成できる範囲の目標を決めるようにしてください。

例えば筆者は

「1年間で10万を100万にする」
「トレード記録を必ずつける」
「エントリーする前に根拠をハッキリさせる」

こういった目標を掲げていました。
今思えば、勝つためには当然のことですが、最初のころは夢見がちだったと今でも反省しています。

皆さんには少しでも無駄を減らして、少しでも早くFXで成功していただきたいので、是非参考にしてみてください。


小まとめ
目標は具体的に、達成できるものにする

無理な目標設定は意味がない


まとめ

いかがでしたか?

全て筆者の経験に基づき、後悔している点をピックアップさせていただきました。初心者トレーダーが通りがちなポイントですので、これらを最初から理解したうえで取り組めば、成功するまでの近道になると思います。

FXでは完璧になろうとする方が多いですが、そんな必要はまったくありません。
あらゆる場面で勝てるようになる必要はないんです。自分の得意な場所、得意な時間、得意な通貨ペアでだけ勝てればいいんです。

自分の土俵に連れ込んで勝負すればいいんです。相手の土俵になったら無視して逃げればいいんです。チャンスなんていくらでもあります。

筆者はこれに気付くのに時間がかかってしまい、多くの負けを経験しました。負けを経験することは大事ですが、経験する必要のない無駄な負けまで背負う必要はありません。

この記事を読んだ皆様の無駄な負けをできるだけ減らし、少しでも早く効率的にFXで成功する手助けができれば幸いです。


第0章基礎知識編はコチラ

第1章トレードスタイル編はコチラ

第2章スキャルピング編はコチラ

第3章デイトレード編はコチラ

第4章スイングトレード編はコチラ

第5章口座開設編はコチラ

第6章初心者向け知識集はコチラ

第7章高勝率、安定感重視手法解説はコチラ


最後まで閲覧ありがとうございました。


アドセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA