FX初心者が記録をノートに残すべき理由を解説 おすすめ方法も!

この記事でわかること
  • FXで記録は残した方がいいの?
  • 記録を残すメリットデメリットは?
  • おすすめ記録方法は?
trader
FXでは記録を残した方がいい!
こんな話を耳にしたことはありませんか?FX初心者の方は色々な情報が錯誤して、どれが正しいのか、正しくないのか判断するのは難しいと思います。
今回は筆者が実際に試してみてどんなメリット、デメリットがあったかを、おすすめ記録方法と一緒に、ご紹介したいと思います。

FXで記録は残すべき?

結論からお話をさせていただくと、

FXでは記録を絶対に残すべき

だと筆者は考えます。

FXで資金を増やすためには、検証をすることが非常に重要です。過去チャートを見て、自分の手法がある程度の勝率を残せるかを検証することも大事ですし、資金管理やロット計算なども非常に重要なことです。

しかし、相場においてまったく同じ現象が起こることはありません。いくら過去相場と同じパターンが出ても、今の相場では違う動きをすることもあります。
今現在の相場でしか味わえない動きや感情が多くあります。

この生の相場で

  • 自分がどう立ち回れたのか
  • どういう感情になったか
  • 検証結果とどのような相違がでたのか
  • どのような改善点があったか

このような項目を記録しておくことで、次のエントリーの時に役立たせることができます。闇雲なエントリーは何度しても意味がないのです。
トレーダーとして成長するには

意味のあるエントリーをすること

が最も重要で、成長するには必要不可欠なことなのです。
そのために記録を有効的な方法で残していけるように、この後に詳しく説明させていただきます。

記録を残すメリット、デメリットとは

記録を残すメリット

振り返りができる

この振り返りができるという点が、一番のメリットになります。

過去検証は一定の感覚でトレードできますが、やはり実際にお金を消費しての生のトレードとではメンタルの部分だったり、いつもと違う対応をしてしまうことがあります。
こういったメンタルのブレや、いつもと違う対応をしてしまうことを、記録をとりながら振り返ることで修正できます。

「検証では勝率が高かったのに実際にやるとうまくいかない」こういった現象が起きている人は、すぐにでも記録を取り始めていただければ、結果があっという間に感じられると思います。

また、過去の記録を残すことで、負けた時と勝った時の傾向を掴むことができます。その傾向を突き詰めることで、自分の手法の強いポイント、弱いポイントを見つけることができるのでより勝率をあげることができるようになる効果もあります。

エントリーが慎重になる

記録を残すときに、根拠などを細かく記録するようにすることでエントリーが慎重になります。
人間は記録に残っているものが、負けのものはできるだけ減らしたいと考える傾向が強いです。負けだらけの記録なんて、げんなりしますよね。
勝ちの記録を残したいと思うので、自然とエントリーポイントを吟味し、根拠がある勝率の高いポイントでエントリーをするようになります。

ただ闇雲にエントリーするよりよっぽどいいですよね。

実際に、自分のトレードをtwitterなどで公開することで
「負けを晒したくないからより真剣に取組むようになり、エントリーの精度が上がった」
という声はよく聞きます。

こういった心理的要素でもメリットは大きいですね。

記録を残すデメリット

記録を残すこと自体が、とても良いことなのであまりデメリットらしいデメリットはないのですが、強いて言うなら時間がかかります。

普通であればエントリーするだけで終わりのところを、事細かに記録に残すので、別途に時間がかかってしまいます。

慣れるまでは記録するだけでも30分近くかかるかもしれません。
これが唯一のデメリットです。

しかし、これはトレードにおいて重要な間の役割も果たしてくれるので、見方を変えればメリットと捉えることもできます。

おすすめの記録方法

ここまでで記録を残すメリットは十分伝えることができたかなと思います。

ただ記録を残すの方法も、ダラダラと意味もなく書いても意味がありません。
しっかりと次のトレードに生かせるような項目を書き残すことが大事です。

ここで実際に筆者が記録している項目をご紹介します。

  • チャート画像
  • 日付
  • 通貨ペア
  • トレードルール
  • 相場認識
  • エントリーポイント
  • 利確位置
  • 損切り位置
  • エントリーから決済までのシナリオ
  • 改善点

これらの点は最低でも記録として残した方がよいと思います。
実際に筆者もこれらの記録を残し、何度も見返すことで発見がありました。
すぐには見つけられなくても、時間が経つと不意に気付くタイミングがあったりもします。

あまり細かく記録をする必要はありません。シンプルに短くまとめることが重要です。過去の自分が見たことにちゃんと理解できるように記録するように心がけるとよいでしょう。

おすすめ記録ツール

おすすめの記録ツールですが、正直なところ記録が取れれば何でも問題はありません。

例えば、チャートを印刷してそこに書き込むのもいいですし、写真が貼り付けれる日記アプリのようなものでもよいと思います。

大事なのは記録を残すことなので、何に記録するかをこだわるのではなく、何を記録するのかをこだわるようにしてみてください。

筆者が記録ツールとして使いやすかったのは

  • Evernote
  • iphoneのメモ帳
  • Goodnotes

この3点です。筆者はipadで記録を残すようにしていたので、アプリケーションをインストールして気軽に記録を残すことができました。
タブレットをお持ちの方は、アプリを使えば簡単にチャート画像を保存したり、画像を編集等もできますので、是非試してみてください。

勿論PCでも使えるものもありますので、PCで記録を残すのもよいでしょう。

まとめ

記録を残すことで大きなメリットを得ることができます。

トレードに時間を割いてる方は多いですが、こういった記録や、過去検証に時間をあまり割いてない方も多いと思います。

トレードに関わらず全ての事は努力をしないと成長できないと思います。
記録を残すことや検証は楽しくないかもしれませんが、コツコツ積み重ねることで勝率アップにつながるはずです。

アドセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA