フィボナッチリトレースメントで勝率をあげる方法とは FXで有効な理由と使い方

beginner
師匠!最近フィボナッチという言葉をよく聞くのですが、これは一体何なのでしょう?
試しに表示してみましたが、線とパーセンテージが出てくるだけでいまいちわかりません!
trader
いいところに目をつけましたね!フィボナッチは正式に言うと「フィボナッチリトレースメント」となります。
これはローソク足から計算していない数少ないインジケーターです。主に人間の心理的な部分にフォーカスを当てているので、個人的には最強のインジケーターです。

使いこなすことができれば、FXにおいて1番難しいところの指標になりますので、ちょっと詳しく説明していきたいと思います。

フィボナッチリトレースメントとは?

フィボナッチという単語を日常生活で聞く機会は少ないと思います。フィボナッチは、その名の通りフィボナッチ氏が発案した数列のことです。

数列だからといって使い方が難しかったり、複雑な計算式があるわけではありません。表示された線を目安に使っていくだけです。

フィボナッチリトレースメントを表示すると5本の線が追加されます。

0%

38.2%

50%

61.8%

100%

0%、50%、100%は見えやすくするための補助線で実際に使うことはないです。
肝心なのは 38.2% 61.8% の線の二本です。この線こそがフィボナッチリトレースメントのキーポイントで、重要な役割を果たします。

このフィボナッチ比率は、「黄金比」と呼ばれるものになります。
ほとんどのインジケーターがローソク足を元に算出しているのに対して、このフィボナッチリトレースメントは人間心理に基づいた計算で出されているので、他のインジケーターと被ってしまうこともなくとても優秀です。

黄金比

人間が感覚的に心地よいと言われる比率

※色々な芸術などにも使われる比率

そしてこのフィボナッチリトレースメントが最も優秀な点がいくつかありますのでお伝えしたいと思います。

フィボナッチは未来を予測できる唯一のインジケーター!?

フィボナッチリトレースメントで最も優秀な点は、未来を予測できる点と言えます。ボリンジャーバンドやRSIなど、優秀なインジケーターはいくつもありますが、どのインジケーターも過去のローソク足を元に反転ポイントなどを算出するものです。

FXで一番難しいのは、「利益確定」「損切り」だと思います。

・ボリンジャーバンドやRSIを使ってエントリーしてみて、見事予想通りの動きをしたけどどこで利益を確定すればいいのかわからない。

・エントリーしてみて予想より逆行してしまった。ただまだ戻ってくるかもしれないから中々損切りできない。

こんなことはありませんか?筆者はかなりこういったことを経験しました。長いトレンドの終わりを捉えたのに、利益確定をするポイントが明確になくて、利益確定した後にもまだ進み続けて損をした気分になったりしたことはありませんか?

フィボナッチリトレースメントを使いこなすことで、このエントリーした後の「未来」にチャートがどう動くかの目安を見つけることができます。他のインジケーターでは中々できないことです。

方法もいたって簡単。

エントリーポイントの直近の高値、安値をフィボナッチで結んで、表示された38.2%を第一利確ポイント、61.8%を第二利確ポイントとする。

逆行した場合は、同じ幅で逆行方向にフィボナッチを引き、38.2%か61.8%で反応が見られず反発しない場合は損切り

ただこれだけになります。実際にチャートに当ててみてください。驚く程反応していると思います。当然機能しない場面もありますが、自分で闇雲に基準を決めるよりはよっぽど理にかなっていると思います。

例として直近の高値、安値にフィボナッチを引いてみました。
USD/JPYの30分足です。

黄色い丸のところで反発しているのがわかりますね。このようにフィボナッチの38.2%と61.8%は意識される局面が多いです。

直近に参考になるサポートレジスタンスラインがない場合や、利確ポイントや損切りポイントの設定が難しい方は是非1つの目安として利用してみてください。

まとめ

beginner
フィボナッチリトレースメントってすごいインジケーターだったんですね…。これから使いこなせるように練習してみます!
trader
フィボナッチリトレースメントはローソク足に頼っていない点がとてもよい点ですね。
結局チャートを動かしているのは人間ですから、その人間心理にフォーカスしているのはかなり強い根拠になります。

さらには、初心者が一番悩む点であろう利確、損切りのポイントを視覚化してくれるのも嬉しいポイントですよね!
FXで勝つコツは「損小利大」です。フィボナッチリトレースメントを上手に使うことでこの「損小利大」も身につくので是非練習してみてください

アドセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です