RSIで勝率アップ!RSIで困ったら読んで欲しい。RSIについて徹底解説

trader
FX、バイナリーオプションで人気のインジケーターである「RSI」について詳しく解説していきます。

RSIを使いこなすことで、相場における売られ過ぎ、買われ過ぎについて知ることができます。高い時には売り、安い時には買うのが投資の基本です。この基本を助けてくれる優秀なインジケーターですので、まだ使ったことがない方や、初心者の方は是非参考にしてみてください!

本記事のテーマ

RSIについて、初心者の方や初めて使う方でもすぐ使えるように、シンプルに要点を説明していきます。RSIの仕組み、どのように使うべきか、メリットデメリットもあわせて紹介していきます。

RSIの基礎知識

trader
RSIは日本語で相対力指数と訳すことができます。簡単に言うと、指定した期間の相場の力の偏りを知ることができます。俗に言う「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を視覚化して、簡単にわかるようにしてくれたインジケーターです。

70%〜100%ゾーン → 買われ過ぎ

0〜30%ゾーン → 売られ過ぎ

まず、これらの仕組み等詳細について説明していきます。

RSIとは

RSIは前述させたいただいた通り

買われ過ぎ

売られ過ぎ

が「誰でも簡単に」見ることができるインジケーターです。

この買われ過ぎ、売られ過ぎを視覚的に見ることでわかることがいくつかあります。

・相場の力関係

・相場の強弱

・押し目、戻り目

表示をするだけで多くの情報を得ることができますので、とても人気の高いインジケーターです。上級者やプロトレーダーも表示している方が多くいらっしゃいます。

しかし、仕組みや使い方もわからず表示しても意味がありません。しっかりと「RSI」を使いこなすための準備をしていきましょう。

買われ過ぎ、売られ過ぎとは

RSIで見ることができるのは、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」です。では「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」とはどういうことでしょうか。

これを理解するには、まず相場の前提を知っていただく必要があります。ここで、重要な考え方をお伝えします

相場は、買いと売りの綱引きである。

相場は、どちらか一方の方向に進み続けることはない。

相場には買いたい人、売りたい人が必ずいます。その両者の思惑がチャート上に表示されています。そして相場は一定方向に進み続けることはありません。必ず一旦下がります。なぜなら買いっぱなし、売りっぱなしでは利益はでないからです。100円で買ったものが110円になったとしても、それだけでは利益にはなりません。100円で買ったものを110円で売って初めて利益になります。

さらに相場を見る視点は人それぞれ違います。同じ100円でも、高いところにあると思う人もいれば、まだまだ安いと思う人もいます。

しかし、例えば相場がずっと90円〜100円の間で動いていたとします。そこで価格が急に110円まで上がったら、そこからみなさんは買いたいと思いますか?売りたいと思いますか?

売りたいと思うのではないでしょうか?

こういった考えを持つと、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」がわかりやすくなってくるのではないかと思います。

RSIでは、この「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を0〜100%の数値の中で測ります。一般的には「70%〜100%が買われ過ぎ」、「0〜30%が売られ過ぎ」と判断します。好みで80%〜100%や0%〜20%の間にすれば、よりシビアに「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を見ることができます。

RSIにはメリットも多くあります。

RSIのメリット

FX、バイナリーオプションでRSIを使うメリットはたくさんあります。

相場の力関係がわかる

RSIでは、買い勢力と売り勢力のどちらが優勢かを視覚的に簡単に見ることができます。50という基準があり、51〜100が買いが優勢、0〜49が売りが優勢とシンプルです。そしてその中でも70〜100が買われ過ぎ、0〜30が売られ過ぎとなるわけです。

シンプルでわかりやすいですよね。

30〜70の間も勢力で見ると、上手に使うことができます。例えば、

「30〜40は売りが強いが売られ過ぎではない」

「60〜70は買いが強いが買われ過ぎではない」

とも判断できます。ではこの間では順張りをする根拠の1つになりますよね。さらには

「40〜60はどっち付かずの状態で、判断が難しい」

こういった風にも判断できます。この要素だけでエントリーするには根拠として弱いですが、根拠の1つとして考えると十分価値があります。

相場の強弱がわかる

RSIの大きなメリットの1つに、相場の強弱がわかることが挙げられます。判断基準は簡単で、RSIの中の常に動いている線の角度です。この角度が急であればあるほど強い力が働いていると言えます。

実際のチャートでもこういったときは、急騰や急落が起きている可能性が高いです。急騰急落が起きている相場は、動きが難しいことが多いので、初心者の方はエントリーを見送るべきでしょう。

角度が滑らかなときは、比較的穏やかな相場と判断できるのでエントリーポイントを絞るいいタイミングとなります。

RSIの使い方

RSIを使った最もシンプルな方法は、70%〜100%を買われ過ぎ、0%〜30%を売られ過ぎと判断し、逆張りをする方法です。指定した期間の中で、明かに買いor売りに傾いていると判断できるので、そろそろ反転すると読んで逆張りを狙う方法ですね。

この方法が1番シンプルで使いやすいです。買いと売りの性質にフォーカスした手法なので、根拠としても強いです。

80〜100%や0〜20%にするとエントリー回数は減りますが、より根拠として優秀なものになります。

さらに根拠を強める点として、RSIの角度があります。急な角度をつけて70や30のラインに侵入したときは注意が必要です。そのまま上に上昇し続けてもおかしくないので、避けるのが無難でしょう。

緩やかな角度な時に30や70にしっかり進入してきた際は、反発の可能性が高いので狙い目です。

さらに根拠を強めるためには、期間設定を長めに設定すると良いです。RSIには期間を設定できますが、あくまで期間の中での平均を取るので、あまりに短い期間だと少しの値動きで大きく動いてしまい、騙しが多くなってしまいます。一般的な14〜15ぐらいの間で運用することをオススメします。

RSIのデメリット

RSIは優秀で人気なインジケーターですが、いくつかデメリットがあります。

騙しが起きる

これはほとんど全てのインジケーターに起こりうることですが、RSIでも騙しが起こります。買われ過ぎである70以上に長期に渡って滞在したり、売られ過ぎの30以下に滞在してそのまま20を目指したり、こういったことは普通に起きてしまいます。

RSIだけを盲信してしまうと、騙しに引っかかってしまうのでその時の相場環境、他のインジケーターなどで根拠を積み重ねてエントリーを心がけるとよいでしょう。

まとめ

今回はRSIについて簡単に要点のみお伝えさせていただきました。

使いこなしてあげれば優秀なインジケーターであることはお伝えできたかと思います。この記事に記載している注意点やポイントをしっかりと抑えていただくことで、RSIを有効的に使えると思いますので是非試してみてください。

どのインジケーターにも言えることですが、インジケーターのみを根拠にすることは危険です。複数の観点から相場を分析して、その根拠の1つとして使う感覚でいるのがベストです。

是非RSIと上手に使いこなして、相場で高勝率を掴み取ってください!

最後まで閲覧ありがとうございました。みなさんのよき投資ライフをお祈り申し上げます。

アドセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です