バイナリーオプション勝率アップ!手法を決めて極めよう!取引完全手引き

バイナリーオプション勝率アップ!手法を決めて極めよう!取引完全手引


みなさん閲覧ありがとうございます!よっしーです。
今回はバイナリーオプションの5分取引攻略法についてお伝えします。
この記事ではバイナリーオプションを5分取引で堅実に勝利するための勝率アップ方法について具体的に説明させていただきます。

・順張りで5分取引を攻略する手法解説!トレンドフォローが重要!
・逆張りで5分取引を攻略する手法解説!トレンド転換を狙う!
・まとめ

順張りでバイナリーオプション5分取引を攻略手法


順張りで5分取引を攻略する手法解説をさせていただきます。
バイナリーオプションにおける順張り手法はトレンドフォローを行うことで、勝率を格段に上げることができます。

バイナリーオプションでは逆張りを好むトレーダーが多いですが、勝率の高いトレーダーほど順張りを行っている傾向があります。
なぜ順張りを好むか、実際に使える手法を合わせてお伝えさせていただきます。

・順張りがなぜよいのか 高勝率の理由
・移動平均線を使った5分取引手法解説

順張りの優位性 高勝率の理由


バイナリーオプションをしている方は、ボリンジャーバンドやRSIなどを使って逆張りをされてる方が多いのではないでしょうか?

例えばボリンジャーバンドであれば、2σ、3σ、のラインでの反発率はすごく高いという結果がでていて、それを鵜呑みにすると非常に勝率の高い手法に感じます。

しかし、今のボリンジャーバンドにそこまで優位性はありません。
実際に使われている方は既にお気づきなのではないでしょうか?

何故優位性が小さいのか?
ここに関しては知ってる人が増えすぎた。というのが原因の一つになります。
ボリンジャーバンドが発見された当時は、当然知っている人も少ないので、そこを意識できる人とできない人で大きな差が生まれていました。ですがボリンジャーバンドというオシレーターが登場することで、初心者の方でも簡単に意識して取引を行うことができます。それで勝てれば苦労はしないですよね。

少し話を脱線してしまいましたが、まとめると逆張りは難易度が高いということです。逆張りというのは、そもそも相場参加者が合意の上一方の方向に進んでいる中で、その方向の力の限界値を見極めるということをすることです。
こんなことをオシレーターなどに頼らずできますか?私は難しいと思います。できる方はそもそも手法探しなど行っていないはずです。

であれば考え方を変えることをお勧めします。その力に乗っかればいいんです。みんなが合意の上で進んでいる行列の中に入り込めばいいのです。

この後にはその乗っかる簡単な方法をお伝えしていきます。

移動平均線を使った5分取引手法解説


バイナリーオプションを行っていて移動平均線を知らない人はいないのではないでしょうか?
一番使われていて、多くの人に参考にされている指標の一つです。
移動平均線とはなにか簡単に説明すると、指定した期間内でのローソク足の平均をとったものになります。
この移動平均線一つをとっても、かなり多くの手法があります。ゴールデンクロスやデッドクロス、移動平均線との乖離率を狙った手法など…

今回ご紹介する手法は、移動平均線との反発を狙う手法になります。
まずは移動平均線を3本用意していただきます。
よくある悩みが、移動平均線の期間設定をどのようにすればよいのか?ということですが、正直なところ期間はなんでもいいです。
それこそ正解があればみんなそれにしてますよね。
かと言って何も基準がないのか?と言えば基準はあります。

短期、中期、長期 この3期間で設定してみてください。個人的なお勧め数値は

短期移動平均線 → 期間25
中期移動平均線 → 期間75
長期移動平均線 → 期間200


参考までに掲載しておきます。

それでは早速移動平均線を使った手法について説明していきます。
まずトレンドの方向を見極めます。
例えば上昇トレンドだと移動平均線が上から順に、短期→中期→長期となっています。この状態になっているのを見つけることができれば、相場は上昇トレンドと判断できるので、上昇に順張りすなわち買いエントリーを狙っていきます。
下降トレンドの場合は長期→中期→短期と全てが逆になります。

トレンド方向を見極める方法がわかれば、次はエントリー方法です。


①トレンドの方向を見極める
②移動平均線に触れる
③トレンドの方向へ順張りでエントリー



たったこれだけになります。これを実践するだけでもかなりの勝率が見込めますが、さらに勝率がアップできるポイントをご紹介させていただきます。

①移動平均線に触れた後、ヒゲをしっかりとつけるのを確認してエントリー

②エントリーを狙っている移動平均線に触れるのが何回目か

①は狙っている移動平均線に触れたらすぐエントリーをするのではなくヒゲをつけて、ローソク足が確定した足の次にエントリーすることが肝になります。
上昇トレンドであれば、下ヒゲをつけたのを確認して買いエントリーになります。
ヒゲが発生するということは、強い反発があったということの証明になります。ヒゲは当然長ければ長い方が優位性があります。

②は狙っている移動平均線に触れるのが何回目か?というのを意識することです。これは移動平均線に限らず、水平線などでも一緒ですが、触れれば触れるほど反発の力は弱まる傾向があります。
私のおすすめは1から3回目までの接触はエントリーです。回数が増えれば優位性が減少するので、3回目などエントリーする場合は金額を減らす等の工夫をしてもよいかもしれません。

まとめ

重要なことは継続すること!


軒並みにはなってしまいますが、一番勝率をアップさせる方法は一つの手法を極めることです。
当然のことですが、100%勝てる手法など存在しません。
どのオシレーターもどの手法も、時間帯や直前のローソクの足の動きなどで特徴があります。そこをしっかり自分のものにできるかが重要になります。

複数の手法に手を出すのではなく、一つの手法に絞り検証を続けてみれば勝率アップ間違いなしですので、ぜひお試しください!

アドセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です