バイナリーオプション 困ったら読んで欲しい ボリンジャーバンド+移動平均線を使った逆張り手法

trader
バイナリーオプションでは、いかに手法を確立するかが重要な要素になります。手法がしっかりせずにトレードをしてしまうと、練習にもなりませんし、ただの「ギャンブル」となってしまいます。

しっかりと手法を確立した上で練習を重ね、「投資」としてバイナリーオプションでトレードできるように、テクニカル手法を解説させていただきたいと思います。

本記事のテーマ

ボリンジャーバンド+移動平均線を使ったテクニカル手法を徹底解説。勝つためのポイントや注意点をわかりやすく説明します。手法がまだ確立できていない人、バイナリーオプションで勝ててない人は必見の内容です。

バイナリーオプションで高勝率「ボリンジャーバンド+移動平均線」トレード

今回の手法概要

インジケーターの「ボリンジャーバンド」「移動平均線」を組み合わせた逆張りトレード手法です。上位足の移動平均線がポイント!

「ボリンジャーバンド+移動平均線」の逆張りトレード手法

条件1:上位足で上昇トレンドが形成されている
条件2:下位足では下降トレンドが形成されている
条件3:下位足でボリンジャーバンド-2σにタッチ
entry:HIGHエントリー
条件1:上位足で下降トレンドが形成されている
条件2:下位足では上昇トレンドが形成されている
条件3:下位足でボリンジャーバンド2σにタッチ
entry:LOWエントリー

これがエントリー方法になります。

ポイント

上位足と下位足のトレンドの矛盾の狙った手法!

「上位足に対しては順張り」
「下位足に対しては逆張り」

になっているのが、最重要ポイントです!

条件1:上位足でトレンド方向を確認する根拠

今回の手法の1番重要な部分になります。移動平均線等を使って現在が、上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを知ります。

・上昇トレンド → HIGHエントリー
・下降トレンド → LOWエントリー
上位足のトレンドに対して順張りにすることが大事です。

条件2:下位足でトレンド方向を確認する根拠

こちらも移動平均線等の向きで、トレンド方向を探ります。

・上昇トレンド → LOWエントリー
・下降トレンド → HIGHエントリー
上位足とは逆の方向にトレンドが向いていること大事です。

条件3:ボリンジャーバンドの±2σの根拠

ここまでの前提として、下位足が上位足のトレンドに逆らっている状態になっているはずです。

・「上位足が上昇トレンド」+「下位足が下降トレンド」=上位足の押し目
押し目の下降の限界をボリンジャーバンド−2σで仕留める
・「上位足が下降トレンド」+「下位足が上昇トレンド」=上位足の戻り目
戻り目の上昇の限界をボリンジャーバンド2σで仕留める

手法の注意点

上位足の押し目、戻り目を狙う手法ですので、エントリー回数はあまり多くありません。しかし、曖昧な根拠でエントリーしてしまうと勝率は下がってしまいますので、条件を満たすまでじっくり待つといいです。

上昇トレンド、下降トレンドの見極めは主に移動平均線を使いますが、目安はゴールデンクロスやデッドクロス、パーフェクトオーダーを使うようにしてください。しっかりと移動平均線が順番に並んでいるのを確認した上で、エントリーしてください。

近辺に重要なサポートライン、レジスタンスラインがある場合は、そこまで目指す可能性があります。その時はボリンジャーバンドより、ラインを優先してエントリーするか、エントリーを見送るのがオススメです。

さらに勝率を上げるには

移動平均線を同時に表示させていますので、移動平均線を生かすとよいでしょう。
例えば、ボリンジャーバンドの2σと移動平均線が近いタイミングがあれば、そこは重要な反発ポイントになるでしょう。表示する移動平均線にもよりますが、滅多にないので見逃さないようにしましょう。

少し上級者向けですが、近くのサポートレジスタンスラインを引けるようになれば、さらに根拠が強まります。直近の価格帯で意識されているところに、水平線が綺麗に引けたものを「サポートライン」や「レジスタンスライン」と言いますが、このライン付近は反発ポイントとして非常に優秀です。

この手法を使う際にラインも同時に根拠として使える場面があれば、勝率は跳ね上がりますので、是非練習してみることをオススメします。

まとめ

バイナリーオプションで有効的な手法を解説させていただきました。オシレーター系インジケーターとトレンド系インジケーターを組み合わせた手法になります。

上位足の優位性をいかしつつ、下位足でエントリーポイントを探す手法で、根拠はかなり強めです。単純な「押し目」「戻り目」狙いより、高い勝率が期待できます。

しかし、結局のところこの手法を使いこなすには鍛錬あるのみです。注意すべき点は記載させていただきましたので、注意点をしっかりと押さえつつ練習していただくことで、上達速度が格段に上がると思います。

是非この手法を繰り返し練習いただき、移動平均線の有用性と、押し目、戻り目の優位性を実感していただき、勝ちトレーダーになっていただければ嬉しく思います。

最後まで閲覧ありがとうございました。みなさんのよき投資ライフをお祈り申し上げます。

アドセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です