バイナリーオプションで水平線やラインを使った高勝率手法公開!初心者の方でも簡単!

(名前)
バイナリートレーダー「バイナリーオプションを始めてみたけど、なかなか勝てる手法が見つからない。どうせ極めるなら、勝率の高い勝ち続けることができる手法を極めたい。インジケーターを使わない手法を使いたい。勝ちトレーダーになりたい。」「インジケーター

こういった方におすすめの記事です。

本記事のテーマ

【初心者】手法に悩んでいる方に、高勝率で長期間使える。実になる手法を徹底解説

閲覧いただく読者様への前置き

本記事では「バイナリーオプションで手法が定まっていない。バイナリーオプションで安定して勝つことができない。長期的に使っていける手法を知りたい。シンプルな手法が知りたい。」という方向けの記事になります。

この記事を読んでいただくことで

・バイナリーオプションで長期的に高勝率の手法

・シンプルで使いやすい手法

について深く知ることができます。

バイナリーオプションにおいて、勝てる手法探しを皆さんされたことがあると思います。確かに勝てる手法は存在しますが、どれもその手法をただ使うだけでは勝利することはできません。その手法を使い続けて経験を積み、相場の性質とその相場をリンクさせて、初めて勝つことができます。

初心者の方がよくしてしまう間違いが、インジケーターを重ねることで、根拠が強くなり勝率があがると思っていることが多いです。しかし、これは間違いで、インジケーターをいくら重ねたところで、勝ち続けることは難しいです。これは過去検証すればすぐにわかることなのですが、誰もが一度は通る道です。

この記事では、シンプルな手法をお伝えし、その手法をどのようにいかしていけば勝ち続けることができるのか?について説明させていただきますので、よろしければ最後まで閲覧ください。

それでは、始めていきましょう。

サポートレジスタンスラインを使った手法

この手法では、サポートライン、レジスタンスラインの反発を狙い、逆張りでエントリーする手法になります。

よく目にする手法の1つですが、実用性は抜群です。サポートライン、レジスタンスラインが形成されるということは、そこが相場参加者に意識されているということになります。意識されているラインは当然反発する確率も高いので、そこを狙うだけのシンプルな手法ですね。

この手法を使うにあたって、重要なポイントをお伝えします。

・ラインは大きな時間足で引く

・ラインに触れた回数を見る

・移動平均線の方向を見る

この3点をまず説明させていただきます。

サポレジラインを使いこなして、高勝率を目指せ!

サポレジラインを使った手法の重要ポイントを説明していきます。

・サポレジラインは大きな時間足で引く

これは非常に重要なポイントで、意識すれば簡単にできることになります。
例えば5分足でエントリーするさいに、5分足チャートでラインを引いても友好的なラインを引くことはできます。
しかし、5分足のラインでエントリーし続けても高勝率は得られません。相場では大きな時間足がより多くの人に意識されています。
みなさんは

・「5分足の自信のあるラインがあったのに作用しなかった」

なんてことはないでしょうか?こういったときに上位足を見てみると、上位足で引けるラインで反発していた。なんてことはよくあります。
もちろん下位足のラインも意識されることは多いですが、上位足はその確率を大きくあげてくれます。

エントリー回数は減ってしまいますが、まずは上位足でしっかりとラインを引き、そこをエントリーポイントとして見定め、優位性が高いと判断できたらエントリーをする。この練習をするだけで、勝率はあがってくるはずです。

実際にエントリーするときのコツですが、例えば5分取引でエントリーする場合は、30分足や1時間足でラインを引いて、5分足を見ながらエントリーするのがおススメです。ラインを引いた上位足のチャートのままエントリーしようとすると、短期的なローソク足の動きを読みにくいので、エントリーするときはエントリーする足に戻すようにしてくださいね。

次に、サポレジラインの優位性を測る基準に、

・サポレジラインにローソク足が何回タッチして反発しているのか

をみる方法があります。

基本的にサポレジラインは新鮮であれば新鮮であるほど優位性は高いです。何回も反発しているラインだと、そこを抜けるためのパワーもどんどん蓄積している状態なので、いざそこで逆張りをしてみたら、急激な動きで抜けて行ってしまうことも少なくはありません。

以上の理由から、筆者は

・1~3回目までのタッチ回数はエントリーする

・短期間で何度も触れている場合はエントリーしない

このような基準を設けています。この1~3回までというのはあくまで直近の話で、何週間も前などのタッチ回数は含まないものとします。
また2回目のタッチと3回目のタッチが、間隔をほとんど空けずにすぐ訪れた場合もエントリーを見送るようにしています。すぐ戻るということは、反発の力が弱かったか、その方向に進もうとする力が強いと判断できるので、避けるようにしましょう。

さらにサポレジラインの根拠を強める方法に

・移動平均線の方向をみる

方法があります。移動平均線は相場の方向感を視覚化してくれる非常に優秀なサポートツールです。
まず、移動平均線を3本表示してください。おススメは

・EMA25

・EMA75

・EMA200

の3本です。例えば、この3本がゴールデンクロスなど、明確に上昇を形成しているときに、レジスタンスラインで反発を狙ってしまうと、そのまま突き抜ける可能性も高くなります。
この3本が横這いだったり、クロスして明確に方向感が決まっていないときは、ラインで反発する可能性が大きくあがります。

移動平均線の方向、角度を意識してラインを組み合わせることで、勝率を劇的にあげてくれますので、ぜひ一緒に使ってみてください。

まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか。

お伝えした手法はいたってシンプルで、期待していたものとは違うかもしれません。しかし、手法というのはシンプルであればシンプルであるほどよいです。
いろんなインジケーターを重ね合わせてより難解にすることは誰でもできます。

勝つためにはそんなことする必要はありません。重要なのはシンプルな手法に、根拠を重ねていくことです。その根拠はインジケーターを重ね合わせることではなく、相場と向き合う中で培われる感覚的なものです。

今回の記事でお伝えしたポイントがいくつかあります。このポイントを意識しながら、少額で取引を重ねてみてください。最終的には、ここはいける、ここはちょっと怖い場面だな、というのが感覚的にわかるようになるはずです。

そうなれば勝ちトレーダーに大きく近づき、大きな資産を目指すのも夢ではありません。最初は必ず負けます。しかし、価値ある負けにするか、ただの浪費に終わらせるかはみなさんの取り組み次第です。

閲覧ありがとうございました。みなさんのよき投資ライフをお祈り申し上げます。

アドセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です