【初心者】バイナリーオプション初心者でもわかる 移動平均線で勝率アップ方法。おすすめのトレンド系インジケーターと使い方を徹底解説!

(名前)
バイナリーオプション初心者「バイナリーオプションを始めてみたけど、エントリー基準がわからない。移動平均線について詳しく知りたい。インジケーターを上手く使ってエントリーしたい。バイナリーオプションに有効なインジケーターを知りたい。勝率をあげたい。」

こういった方におすすめの記事です。

本記事のテーマ

初心者必見】バイナリーオプション初心者でもわかる、オススメトレンド系インジケーターの紹介と、使い方を徹底解説【勝率アップ】

閲覧いただく読者様への前置き

本記事では「バイナリーオプションを始めてみたけど、インジゲーターの使い方がわからない、トレンド系インジケーターを使っても中々勝てない。トレンド系インジケーターの仕組みやオススメ使用方法を知りたい。」という方向けの記事になります。

この記事を読んでいただくことで「初心者の方でも、簡単にトレンド系インジケーターを使ったトレードをしていただくことができます。さらに複数あるトレンド系インジケーターの中で、特にバイナリーオプションに使いやすく、有効なものはなにか?」について、根拠を含めて深くご理解いただけると思います。

バイナリーオプションをされている方で、ほとんどの方が経験するのが「聖杯探し」です。「勝てるインジケーターの組み合わせ」を探してみたり、「必勝法」を探してみたり、高額商材や高額スクールを購入してみたり、バイナリーオプションを始める上で一番最初の悩み、エントリーするための根拠、手法探しに皆さん必死になると思います。
今では安定して勝てるようになった筆者が「初心者の頃に、インジケーターでこんな悩みや問題があったな」と実体験をもとに過去を振り返りながら、記事を執筆させていただきます。

筆者が初心者時代の実体験をもとに作成しておりますので、バイナリーオプション初心者の方の悩みに直結してくると思います。ぜひじっくりと読んでみてください。

それでは、さっそく始めていきましょう。

  ① トレンド系インジケーターとは?

ほとんどのインジケーターは、ローソク足から形成されています。

これが非常に重要な概念になりますので、皆さんこれを前提に記事を読んでいただくようにしてください。

そもそもトレンド系インジケーターとは、文字通り相場のトレンドを表してくれるインジケーターです。

・上昇トレンドを形成しているのか、下降トレンドを形成しているのか

・トレンドの強さはどの程度か

をわかりやすく見れるようにしてくれるのが、トレンド系インジケーターです。
主に相場を「テクニカル的」に分析するための指標になります。

バイナリーオプションやFXには、「テクニカル分析」、「ファンダメンタルズ分析」がありますが、そのテクニカル分析に使われるのが、オシレーター系インジになります。

トレンド系で代表的なものは

「移動平均線」

「MACD」

「一目均衡表」

があります。

その他にも「オシレーター系のインジケーター」もあり、

「ボリンジャーバンド」

「RSI」

「ストキャスティクス」

などがそれに当てはまります。

トレンド系のインジケーターは「相場の流れ、動き」「相場の方向感」を知ることができます。

オシレーター系インジケーターは、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を知ることができます。これによって「相場の強さ」を知ることができます。

ではこの2種類のインジゲーターを知ると、トレードをする上でどのようにいいことが起こるのか?どのように活用していけばよいのか。この点についてを今回はトレンド系のインジケーターにフォーカスをあてて説明させていただきたいと思います。

トレンド系インジゲーターの仕組み

ここからはトレンド系インジゲーターが

・どのように形成されているのか

・どのように使うのがいいのか

について詳しく説明させていただきます。

移動平均線

まず1つ目は

「移動平均線」

について説明していきます。

移動平均線は、「最も有名」で「最も表示されていて」「すべての基本」となるインジケーターです。勝ちトレーダーの方は、移動平均線を上手に使ってトレードされてる方が多いです。移動平均線しか表示しないトレーダーも多いので、それだけ優秀なインジゲーターなんです。

では移動平均線ですが、

「一定期間の価格の平均値を線でつなぎ合わせた指標」

になります。移動平均線では、自由に期間を設定することができて、その期間の価格の平均を線で表示してくれる、非常に便利なインジケーターになります。

移動平均線を表示することで、相場で次のことを知ることができます。

・相場はどの方向に動いているのか

・相場が高値圏なのか、安値圏なのか

・今後相場はどのように動きやすいか

これらの情報がわかります。相場を攻略する上で、とてもありがたい情報ですよね。テクニカル分析を行う上で非常に重要なインジケーターなので、ぜひマスターできるようにしてください。

移動平均線の計算方法

移動平均線を使っていく上で、どのような計算で算出されているのかを知っているか、知らないかでは、意味が大きく変わってきます。とはいえ計算方法は非常に簡単です。

例で、5日を期間設定した移動平均線で考えていきます。移動平均線は価格の終値を使って計算します。

1/1〜1/5のUSD/JPYの終値が

1/1  100円
1/2  110円
1/3  120円
1/4  130円
1/5  140円

だったとすると、

(100+110+120+130+140)÷5 = 120円

なので、1/5日の移動平均線は120円になります。
チャートでみれば、1/5は始値130 終値140円なので、ローソク足は移動平均線に重なることなく、上の方に表示されている、ということになります。
移動平均線を見る限り、短期的には上昇の力が強いと判断できますね。

計算式はこのようになります。意外に単純なものです。後は設定する期間を自分好みにカスタマイズするだけで、相場観がしっかりと掴めるインジケーターになります。

移動平均線の3つの期間と特徴

計算方法がご理解いただけたところで、次は具体的な活用方法について解説させていただきたいと思います。

移動平均線は主に、3つの期間で使われることが多いです。

・短期移動平均線

・中期移動平均線

・長期移動平均線

この3期間をチャートに表示させてご利用いただくことで、相場の強弱、方向感を掴みやすく、エントリーポイントにも活用できるので、3本表示させることをおすすめします。

短期移動平均線

短期移動平均線は、ローソク足に張り付くような形で動く線になりますので、短期的な方向感を知ることができます。またローソク足が、短期移動平均線から離れた場合は、抵抗線になりやすいです。頻繁に見ることができる形なので、エントリー回数を増やしたい方にとって嬉しい線です。信頼度はそこまで高くないので、金額は少なめにしましょう。

中期移動平均線

中期移動平均線は、ローソク足からは少し離れたところで方向を示してくれる線になります。設定期間にもよりますが、中期的な相場感を見ることができるので、方向感の信頼度は短期移動平均線より高いものになります。
この線にローソク足が張り付いている場合は、レンジ相場になっている場合が多いので、その後に大きな動きがでる可能性があります。
またローソク足が離れたところから、戻ってきた場合は強めの反発ポイントになる場合が多いです。エントリータイミングの一つとして狙うのもよいでしょう。

長期移動平均線

長期移動平均線は、方向感をみる一番重要な線になります。基本は横に水平になっていることが多く、この線が上下の方向を示している場合は、その方向への力が強いと捉えることができます。
エントリーをする際は、この長期足が向いている方向に逆らわないように気をつけましょう。
この線も反発ポイントとして非常に優秀な線です。離れているところから戻ってきたときは、信頼度はかなり強いポイントなので、大きな根拠の一つとして捉えるとよいでしょう。

移動平均線の種類

移動平均線には、細かく種類があります。

・単純移動平均線「SMA」

・指数平滑移動平均線「EMA」

・加重移動平均線「WMA」

・修正移動平均線「MMA」

代表的なものに。この4種類があります。

それぞれ特徴がありますので、簡単に紹介します。

単純移動平均線 (SMA)

この「単純移動平均線」は最も一般的な平均線で、多くのトレーダーに使われています。

前述したように、計算式は

「指定した期間の終値の平均を線で繋いだもの」

です。一番無難な指標なので、初心者の方はとりあえずこちらを選ぶのをオススメします。

指数平滑移動平均線 (EMA)

筆者が愛用している移動平均線はこちらになります。

この「指数平滑移動平均線」は直近の動きを反映しやすいものになります。
直近のトレンドに対して敏感に動くので、エントリーポイントを逃しづらく、慣れれば非常に使いやすいものになりますが、ダマシと呼ばれる初心者の方が損をだしやすい現象も起きてしまいますので、注意が必要です。

長期的よりも短期的な指標に、重きを置きたい方にオススメです。

加重移動平均線 (WMA)

この「加重移動平均線」は「指数平滑移動平均線」よりも極端に直近に比重を置いている、移動平均線です。

極端なのでクセが強く、筆者は加重移動平均線より、指数平滑移動平均線をおすすめします。

修正移動平均線

この「修正移動平均線」は「単純移動平均線」をより直近に重視したものになります。

基本を前日の終値に置くことで、当日の動きを滑らかに表示できるのが特徴です。単純移動平均線の弱点である、直近の値動きを修正したものになります。

移動平均線のオススメ設定値

移動平均線は、自分好みの期間を入れて使うことができます。

初心者の方にありがちなのが、「勝てる設定期間を知りたい」という聖杯探しをしていまうことです。

しかし、移動平均線の期間には正解はありません。どの期間を入れても、作用するときには作用しますし、方向感を見るのであれば、少々の期間の違いなど関係はありません。

移動平均線を使っていく上で、最も重要なことは

「設定した移動平均線を使い続けること」

です。移動平均線にはそれぞれ特徴があります。その特徴を理解できるまで使い続けることが大事です。

もし移動平均線を使って負けているのならば、それは期間の問題ではなく、その他の根拠が薄かったり、移動平均線の特徴を理解できていないだけです。

シンプルだからこそ最も奥が深く、最も有効的なインジケーターです。

まだ移動平均線を使ったことない方や、期間で悩んでいる方のために、筆者が使い続けている移動平均線の値をご紹介させていただきます。

移動平均線の種類:指数平滑移動平均線

短期移動平均線:期間25

中期移動平均線:期間75

長期移動平均線:期間200

になります。ずっと使い続けているので、特徴もある程度把握できましたし、作用しやすいポイントも多く発見することができます。

オススメできる根拠は筆者の実体験になりますので、ご信頼いただける方はぜひ設定してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回はトレンド系インジケーターの「移動平均線」にフォーカスを当てて説明させていただきました。

インジケーターは、どれをとっても優秀なものです。練習し使い続ければ必ず役に立つものになるでしょう。

しかし、勘違いしてはいけないのが、

インジケーターは相場の答えを表しているものではありません。

本来自分でローソク足から読み解かなければいけないものを、簡潔に視覚化してくれているだけです。なのでインジケーターだけを根拠に安易にエントリーしていては勝つことは難しいです。

インジケーターの仕組みをしっかりと理解した上で、根拠の一つとして自信のあるポイントをみつけ、エントリーする。これが勝利への1番の近道です。

結局投資は練習あるのみです。しかしその練習期間は短くすることも、長くすることもできます。

この記事で、少しでも負けの期間を短くするためのお手伝いができれば幸いです。

最後まで閲覧ありがとうございました。みなさまのよき投資ライフをお祈り申し上げます。

アドセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です