スマートフォン、iPhoneを充電しながら使うのはダメ!?その理由と原因

 

こんばんは!閲覧ありがとうございます。

皆さんの生活にスマートフォンってかかせないですよね?ちょっとした空き時間ができたらついつい触ってしまう人も多いのではないでしょうか。

アプリケーションの種類が多くなって、画質の良い綺麗なゲームが増えたり、読み放題の漫画アプリがあったり、旅行などの出先でナビゲーションで使ったりなどモバイルバッテリーが手放せない方も多いと思います。

毎日満タンに充電してもよく使う方でしたら、1日持たない方も多いと思いますそんな時ついつい充電しながらスマートフォンを使ってしまっていませんか。

皆さんは充電しながらスマートフォンを使うといろいろなデメリットが存在することをご存知でしょうか?充電しながらスマートフォンを使うとデメリットだらけなのですぐにやめた方がいいですよ!

充電しながら使うデメリットは?

実際に充電しながらスマートフォンをつかうとどんなデメリットがあるのかを解説していきたいと思います。

1.バッテリーの劣化が早くなる

スマートフォンを充電している状態で、操作をしてしまうと自動でどんどん充電されていくので、充電回数が増えていってしまいます。

リチウムイオンバッテリーは充電回数の総数が大体決まっているので劣化に繋がります。最近のスマートフォンはバッテリー交換が容易ではなく、ほとんどが本体事の交換になってしまうのでできるだけ劣化させたくないですよね。

2.スマートフォンが熱を持つ

スマートフォンを充電しながら使用すると通常の状態で使うよりも温度が上がりやすくなってしまいます。熱を持ってしまうとスマートフォンは精密機械なのでいろいろな部品などに影響を及ぼす可能性があります。

皆さんできるだけスマートフォンは長く使いたいですよね。熱を持つことはスマートフォンに多くの負荷をかけることになりますので、充電しながらの使用は控えることをおすすめします。

3.スマートフォンが破損しやすい

これはどういうことかというとスマートフォンを充電している状態だと、ケーブルが接続されています。充電に使う部分と言うのはとてもデリケートな場所です。

ケーブルに接続された状態で使用していると、どうしてもその部分に負担がかかり外部的な破損に繋がってしまいます。

最後に

今の社会は本当にスマートフォンが必須といっても過言ではないほどスマートフォンが活躍しています。そんな中限られたバッテリーでやりくりするのは難しいかもしれません。

しかし前述したとおり充電中にスマートフォンを使用するといろいろなデメリットが発生してしまいます。

中々手放せないスマートフォンですが、充電中はできるだけ充電をするという少しの心がけが、あなたのスマートフォンの寿命を長くすることに繋がるかもしれませんよ。

閲覧ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA