【必見】マニアが教えるiPhoneとAndroidどっちがいい?自分に合うのはどっちかをメリット、デメリットをふまえシンプルに解説 iPhone編

iPhone

 

 こんばんは! 閲覧ありがとうございます。

 今回は皆様ほとんどが持っているであろう携帯電話。通話や連絡の手段として今の世の中を生きていくには必須のものになっています。その携帯電話も以前のガラケーとは形を変え、スマートフォンになりました。
 そのスマートフォンですが、大きく「iPhone」「Android」の2種類にわかれています。この2つを初めて使われる方にとっては、どのように違うのか、自分にはどちらが合っているのだろうか。という不安があるかと思いますので、販売経験もあるマニアの私が経験を元に、皆様の機種変更の参考になるかもしれない記事をご紹介させていただきたいと思います。ぜひご覧いただければ幸いです。
 ※今回は素人が聞いてもわからないようなところははぶいて、実際に使ったとして関係があるところだけ主観でお伝えいますので、ご了承ください。

 Android端末の解説はこちら

iPhoneについて

iPhoneとは

 iPhoneはアップル社が提供している製品です。製品ラインナップには「iPhone」「iPad」「AppleWatch」「iMac」などがあります。アップルの製品はアップル製品同士での連携が非常に強いので、この中で既に何か1つ製品を持たれている場合は、統一すると色々と便利かもしれません。

iPhoneは難しい?

 よく「iPhoneは難しいから嫌だ」「iPhoneはよくわからないからAndroidにしてる」という声を聞きます。実際のところどうなのかと言いますとそんなことはありません。断言します。むしろAndroidのほうが難しいんじゃないのかと思うぐらいです。ボタンも1つしかないですし、慣れてしまえばバックアップも簡単にとれます。基本的に無駄をできるだけなくしているのがiPhoneなのでシンプルで使いやすいですよ。
 ではなぜそういうイメージがついているかと言いますと、おそらくですが「Apple  ID」の設定かと思われます。このApple IDの設定が難しいというよりはApple IDがiPhoneの全ての中枢を担っていると言っても過言ではないので、忘れたり、設定に失敗すると大変です。おそらくここから難しいというイメージがきているのではないでしょうか。

iPhoneのメリット

 iPhoneにするメリットとは何なのか?これに関しては

  1. バックアップが簡単で戻ってくる量が多い
  2. 単純に動作が早く、不具合が少ない
  3. Face Timeがある
  4. 日本でのシェアは8割と言われている。
  5. セキュリティ面が強い
  6. ケースが豊富

 

  ①ですが、iPhoneのバックアップは「iCloud」「iTunes」を使うことになります。これが非常に簡単で、かつほぼ前回の機種の状態をそのまま戻すことができます。ものすごい楽です。
 スマートフォンですので、落として画面を割ってしまったなんてことはざらです。そうしたときに保険に入っていればたいてい交換対応となるのですが、バックアップをとっていないともちろん1からデータの入れ直しになってしまいます。そんなときにデータが戻ってきたら楽じゃないですか?それを実現しているのがiPhoneです。

 ②はシンプルに早いですし、壊れにくいです。普段使いではそこまで差はでないかもしれませんが、高解像度のアプリゲームなどをするとその差は顕著です。壊れにくいというのは外部的なところではなく、内部的な故障です。

 ③のFace TimeですがこれはApple製品同士限定の無料通話アプリです。音質がよくビデオ通話もできるのが特徴です。通話料金を抑えたい方にもよいかもしれません。

 ④は単純にユーザーが多いので、操作で不明な点があっても聞きやすいですし、日本人の思考としてみんなが使っているとなんか安心しますよね。

 ⑤に関してはApple社の製品はすべてセキュリティが強いです。ですので利用者がなにか特別に気を付けなくても、ある程度のセキュリティが保たれるっていうのが強みですね。

 ⑥はメリットの中でも大きい部類に入ると思います。単純に利用者が多いのでケースの種類が多いです。自分好みのケースを探したい、つけたいという方はiPhoneがよいでしょう。

iPhoneのデメリット

 iPhoneのデメリットですが

  1. セキュリティが強いので、アカウントの管理や登録が難しい
  2. 修理、交換対応などがキャリアでは受付けてもらえない
  3. Wi-Fi環境がほぼ必須
  4. 種類が少ない

 

 ①に関しては、iPhoneを避けてる、一歩踏み出せないという方の原因の大半になるかと思います。iPhoneを使おうと思うと必ず「Apple ID」「パスワード」というものの登録が必要になります。これが中々ややこしくて初心者には少し登録が難しいかもしれません。さらにこの2つを忘れると致命傷です。バックアップは戻ってこない、アプリはダウンロードできないなどなど問題がでてきます。メモすれば解決なのですが、初心者の方は重要かどうかすらもわからないと思うので、いざ機種変更などをしようとした際に全然わからない!となり困るのが定番です。ですのでもしこれからiPhoneを使われるかたはメモをお忘れなく

 ②これもなかなかつらいところなのですが、iPhoneはAppleでしか修理ができません。キャリアで買ったのになぜキャリアで修理できないのかとお思いなるかと思います。この問題に関してはAppleの認可が下りている修理対応点やエクスプレス交換というものを利用すれば大丈夫ですが、あまりお手軽感はないかもしれません。

 ③今はほとんどのご家庭でWi-Fi環境があるかとは思いますが、iPhoneはアップデートやバックアップ、一定以上のサイズのアプリに対してWi-Fi環境が必須になっております。ですのでWi-Fi環境がご自宅に整ってない方にとっては使いづらいかもしれません。

 ④種類に関しては、基本的にサイズと色の違いしかなく、外見がほとんど一緒です。ですのでケースぐらいでしか個性が出せないのですね。その点にこだわりがある方には気になる点です。

どんな人はiPhoneを選ぶべき?

 メリットデメリットを簡単に挙げていきましたが、結局のところどういう人がiPhoneはいいのかというところをご紹介します。

  1. ゲームや漫画など、アプリを使って遊びたい。
  2. 無難なものを選びたい
  3. 機械にあまり詳しくない
  4. ケースをいろんな種類から選びたい
  5. Wi-Fi環境が整っている

 上記にあてはまるかたはiPhoneをお選びいただくのがよいかと思います。

 

 いかがでしたでしょうか。結局のところ8割ぐらいの方がiPhoneを使っている現状、日本人にはiPhoneが合うんじゃないかな、と思います。最初はiPhoneを選ぼうがAndroidを選ぼうが難しいのに変わりはありません。では使って慣れてきたときに楽なのはどっちなのか。個人的にはiPhoneの方が楽かなと思います。
 あくまで僕個人の主観で話ですので、参考程度までにお願いいたします。

 シンプルにお伝えしましたが、皆様の機種変更の参考になれば幸いです。

 【必見】マニアが教えるiPhoneとAndroidどっちがいい?自分に合うのはどっちかをメリット、デメリットをふまえシンプルに解説 Android編

 閲覧ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA